スキルを活かして美容外科へ転職

看護師として病院勤務にやりがいはあったが転職を考える

これまで地方の病院で看護師として勤務していましたが、ある日から転職を考えるようになりました。
幼少の頃から身体が弱く頻繁に病気や怪我をしていましたが、そのたびに病院の先生や看護師の方から優しく接して頂いて痛みや苦しみから解放されることに感謝し、その気持ちがいつしか自分も看護師になってみたいという気持ちに変化しました。
決して勉強はできる方ではありませんでしたが、その日以来猛勉強をして何とか大学の看護学科に合格し看護師への道を歩むようになりました。
大学の4年間は夢中になる日々であっという間に過ぎていき、その頃の記憶はあまり残っていません。
それほど必死で周囲の学生のレベルに追いついて、何としても4年間で看護師になりたいという強い思いがありました。
卒業後は近隣の地方の病院への勤務が決まり、忙しいながらも地域の医療や患者さんが健やかな暮らしを送ることに貢献できていることに充実感を感じていました。
特に自分が幼少の頃に感じていた身体の弱さから来る痛みや苦しみを思い出させるような、お子様の患者さんが来院して治療を行った結果、元気になっていく姿を見てはやりがいを感じていたのは確かです。
しかし、そのような毎日も長くは続かず慢性的な人手不足から来る長時間労働に現場は疲弊し、ちょっとしたことで揉め事になることもよくありました。

看護師として病院勤務にやりがいはあったが転職を考える就職活動が上手くいかず転職情報サービスを利用紹介された求人で転職し今は充実美容外科の転職で気持ちにもお金にも余裕